日本では最も暑い時期として8月が知られています。

社会生活のリスク管理のポイント

生活の中で日差しと紫外線の違いを知る

社会生活のリスク管理のポイント 日本では最も暑い時期として8月が知られています。日差しも8月が最も強く感じることがあります。この時期には日差し対策、紫外線対策をしっかりするでしょう。紫外線が最も強くなるのは実際には8月よりも4月や5月ぐらいとされています。まだ暑さがそれほどないので紫外線も強くなさそうに感じますが、対策をしていないと肌に影響を及ぼすこともあります。

生活をするときにチェックしておきたいのが紫外線の状況です。天気の情報を提供してくれるホームページでは、日本の地域ごとに今どれくらいの紫外線が降り注いでいるかの目安を知ることができます。また将来的な予報なども知ることができます。この予報を見ると意外なことを知ることができます。紫外線と日差しは必ずしもリンクしていません。

日差しは朝の7時ごろから夕方の6時ごろまで強いです。でも紫外線が強くなりだすのは朝の9時ごろから夕方の3時ぐらいまでです。通勤をする時間はまだそれほど強くありません。対策はするに越したことはないですが、この時間に日傘をさすことは紫外線対策としては特に意味がありません。日差し除けの意味合いです。季節による量、1日における量を知っていると対応をすることができます。


Copyright(c) 2019 社会生活のリスク管理のポイント All Rights Reserved.