人生では、一定の年数が与えられていて、その中で自分の希望や望みをかなえることで幸福感や刺激を得られて、幸せを感じる人生を送ることができます。

社会生活のリスク管理のポイント

日常生活での節約と豊かさのポイント

社会生活のリスク管理のポイント 人生では、一定の年数が与えられていて、その中で自分の希望や望みをかなえることで幸福感や刺激を得られて、幸せを感じる人生を送ることができます。人はそれぞれ寿命があり、上限が限られていて、無限には生きられないということになります。そうなると、与えられた年数のうちで、幸福感や心地よい刺激を体験する必要があります。それが、自分にとって不幸な年数だと、不幸な人生だと感じますし、幸福だと感じられれば、良い一生だったということになります。

その事を考えると、幸福感とは客観的な事実ではなく主観的な事実であるということがわかります。そこをおさえながら、人生の豊かさを体験する必要があります。そして、節約ということも、豊かさのために必要になります。無限の富があれば、節約も必要ないのですが、無限の富を得られる人はごく少数で、限られているということでもあるので望めません。

そうなると富を管理しながら、節約をして人生を楽しむということが必要になります。それはまたコントロールできるという快感でもあります。節約上手な人は、そのために経済的な苦しみを少なくできますし、少ない収入からも富を得られ、また、足るを知る生活もできるようになります。豊かな節約は、人生の幸福にしてくれるからです。

お役立ち情報



Copyright(c) 2019 社会生活のリスク管理のポイント All Rights Reserved.