5月ぐらいになると日によっては真夏の暑さになることがあります。

社会生活のリスク管理のポイント

暑い車内の熱気を一気になくす生活の方法

社会生活のリスク管理のポイント 5月ぐらいになると日によっては真夏の暑さになることがあります。車を駐車していると車内はとんでもない暑さになっていることがあります。50度どころではなくもっと上がっていることもあるようです。一定の対策をするだけでだいぶん異なります。100円ショップでも売られているサンシェードは必須品かもしれません。フロントなどに置いておく癖をつけておきます。

サンシェードを置いていてもまだまだ車内は暑いです。この時にクーラーの力で涼しくしようとすることがありますが、車の電気はあまり無駄に使うとバッテリー上がりの原因にもなります。ある程度熱を落ち着かせてから使う、場合によっては使わずに済むことがあります。生活のちょっとした工夫をすることで無駄を減らせるかもしれません。

少し時間が必要ですが、まずは扉をすべてあけます。2ドア、4ドア、5ドアなどありますがすべて開けます。すると風が通りやすくなり、熱がどんどん外に出ていきます。さらには扉を開け閉めします。すべての扉でする必要はありません。運転席の扉でいいでしょう。自然に熱は出ていきますが、開け閉めすることでそれを促進できます。車内の温度が落ち着いて来たところで乗り込むようにします。

お役立ち情報



Copyright(c) 2019 社会生活のリスク管理のポイント All Rights Reserved.